地積規模の大きな宅地の評価にマンション等の区分所有も対象

大規模な宅地の評価については、現行の「広大地の評価」に代わって、来年1月から「地積規模の大きな宅地の評価」に見直される。今後は基準が明確であるが故に、適用の失念などのミスが許されなくなった取扱いになったといえる。今回の見直しでは、現時点で除外対象となっているマンション適地について、適用対象とすることに改めている。仮に、区分所有の贈与等であったとしても、基準さえ満たせば適用できるとのことだ。