会計士試験合格者数3,625人、合格率は17.1%

 公認会計士・監査審査会(CPAAOB)は11月18日、平成20年公認会計士試験の合格者を発表した。最終合格者は3,625人で前年比約1割減。合格率も同2.2ポイント低下して17.1%となった。学歴別の合格率トップは「大学卒業」の19.6%。年齢別にみると「30歳未満」が全体の73.7%を占めている。