消費税転嫁対策法「本誌オリジナルQ&A」~ガイドラインなど踏まえて事業者間取引、対消費者取引での要注意ポイントを解説

 消費税転嫁対策特別措置法(消費税転嫁対策法)が平成25年10月1日に施行され、平成26年4月1日からの消費税率5%から8%への引上げが決定した。

 公正取引委員会や消費者庁、財務省、中小企業庁など行政側は税率の上昇分の価格転嫁が適正かつ円滑に進むようにガイドラインや各種情報発信等により事業者に対する周知を図っているところだ。

 そこで、この転嫁対策法やガイドラインなど関係省庁の発信する各種の情報を踏まえ、「転嫁の拒否」や「転嫁を阻害する表示」への是正措置の適用対象とならないようにするため、制度のポイントをQ&Aでまとめてみた。
  • ZEIKEN LINKS210506

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン