数理計算上の差異等の処理年数変更事例を掲載

 数理計算上の差異および過去勤務債務の費用処理年数を変更する事例がみられる。いずれも費用処理年数を短縮しており、変更理由としては、従業員の平均残存勤務時間が短縮したことをあげている会社が多い。本号に変更事例を掲載する。
  • 企懇部会

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン