ASBJ 工事契約会計基準において四半期の取扱いに特例も

 ASBJは11月22日開催の第141回会合で、工事契約会計基準のドラフトを審議、新たに次の点を追加することにした。1つは、工事進行基準に係る「決算日における工事進捗度の見積方法」を「原価比例法」に限らず、ケースによっては、①直接作業時間比率、②施行面積比率、を用いることを認める。また、四半期決算において、工事原価総額の見積りの簡便的な取扱いを認める。
  • ZEIKEN LINKS210224

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン