会計士試験1,231人合格 前年比1割増

公認会計士・監査審査会(CPAAOB)は11月17日、2017年の公認会計士試験の合格発表を行った。最終合格者は1,231人で、合格率は11.2%だった。最終合格者数は前年より123人増えており、2年連続で増加した。合格率は6年連続で上昇している。また、受験者数も昨年来増加に転じており、CPAAOBは「未就職問題が近年において解消されつつあるのでは」とみている。