ASBJ 仮想通貨の会計処理案を公表へ

企業会計基準委員会(ASBJ)は、仮想通貨に係る会計処理の草案を近く公表する。実務対応報告として検討している草案では、仮想通貨交換業者および仮想通貨利用者が保有する仮想通貨について期末に時価評価を求め、簿価との差額は当期の損益として処理する案が示されている。仮想通貨の種類ごとの保有数量やB/S価額等の注記も求める方向。12月5日の本委員会で公表議決する予定。