※引替は終了しました。【経営財務読者限定】 別冊『開示実例と傾向2020』を引替開始

※2021年3月15日(月)を以って引替は終了しました。

 今年も「週刊 経営財務」読者限定の別冊として「2020年版 有価証券報告書『開示実例と傾向』」を発行しました。会計方針の変更事例などを収録した「日本基準編」、IFRS第16号「リース」の分析を新たに収録した「IFRS編」、そして訂正報告書の内容や新型コロナウイルス関連の追加情報、「監査上の主要な検討事項」(KAM)の早期適用事例などを収録した「特別編」の3編から成り、最新の開示実例と傾向を掲載しております。

別冊2020.jpg

 お引替えをご希望の方は、引替券(コピー可)と郵便切手400円分(配送手数料)を御同封の上、弊社までお送りください(※詳細は以下のPDFファイルをご覧ください)。
 なお、今年は本社及び総支局では、直接の引替えはしておりません。本社及び総支局に本別冊の用意はございませんのであらかじめご了承ください。

引替券のPDFはこちら


<本書の特徴>
特徴① 会計方針の変更は全実例収録!
 上場会社の有価証券報告書や内部統制報告書の開示内容を調査し、その傾向を徹底分析!「会計方針の変更」については、2020年3月末決算で日本基準の上場2,077社(6月末時点)を対象に開示状況を集計・分析しております。

特徴② IFRS 適用会社も徹底分析!IFRS第16号「リース」の適用状況も
 「IFRS編」ではIFRS任意適用会社211社の開示内容を詳細に分析。IFRS第16号「リース」を新たに収録しました。また、昨年同様、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の適用状況を調査し、開示実例も多数収録しています。

特徴③ 特別編ではKAMの早期適用や新型コロナ関連の追加情報も分析!
 今回も「特別編」として訂正報告書に係る調査を収録しました。また、2021年3月期から強制適用となる「監査上の主要な検討事項」(KAM)の早期適用事例も分析。さらに、新型コロナ関連の追加情報の開示実例なども収録しています。

特徴④ 電子書籍「税研Books」に初対応!
 電子書籍閲覧サービス「税研Books」に初対応しました。別冊お引替後、「本書のご利用にあたって」に記載のシリアルコードをご入力いただくことで、ブラウザ・スマートフォンなどで本書の電子書籍が無料でご利用いただけます。

  • ZEIKEN LINKS210506

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン