フリーレント付き賃貸不動産の会計処理

 賃貸用不動産における収益・費用の論点の一つにフリーレントの問題がある。フリーレントとは、賃貸借契約において、契約期間の当初数か月間の賃料を無料にするもの。こうした契約に基づく貸手・借手の会計処理は、フリーレント期間を含めて均した金額を収益・費用計上する方法と、フリーレント期間経過後から月々の契約額を計上していく方法がある。実務では、金額的な重要性と解約不能か否かが判断のポイントになっている。