第2四半期決算発表のピークは期末後41~45日目

 東京証券取引所は11月26日、「平成21年3月期第2四半期決算短信発表状況の集計結果」(速報)を公表した。これによると、第2四半期末から決算発表までの平均所要日数は35.8日で、第1四半期よりも1.2日長かったことが分かった。集計対象全1,673社が期末後45日以内に決算発表しているが、第1四半期よりも発表が遅れたのは全体の42.7%。発表のピークも、第1四半期の「36日~40日」から「41日~45日」に後退した。