“重要事象”開示、東証1部はシャープなど11社

 東証1部上場会社の平成25年3月期第2四半期報告書において、「継続企業の前提に関する重要な疑義を生じさせるような事象又は状況」(重要事象)を開示した会社が11社あった。このうち3社が「継続企業の前提に関する注記」(GC注記)を開示している。本誌調査で分かった。