繰越欠損金の控除限度額が引き下げ

 平成23年度税制改正では、繰越欠損金の控除限度額が所得の100%から80%に引き下げられた上で、その使用制限期間が7年から9年に延長された。会計上は、繰延税金資産の回収可能性の判断において、当該改正を考慮した対応が求められる。本号2頁の税率変更による影響も併せて考慮しなければならないため留意が必要だ。
  • 企懇部会

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン