証券監視委・CPAAOBによる勧告

証券取引等監視委員会(SESC)は12月6日、日本フォームサービスの有価証券報告書等虚偽記載を認定、内閣総理大臣/金融庁長官に対して課徴金納付命令を勧告した。SESCが同社に対して不適正と指摘した会計処理は11項目に及んだほか、非財務情報(CG状況)の記載についても初となる虚偽認定。また同日、同社の監査人であった大手門会計事務所に対してCPAAOBが行政処分その他の措置を講ずるよう金融庁長官に勧告した。同法人の運営についてCPAAOBは「著しく不当」などと厳しく指摘。日本フォームサービスの監査も「極めて不適切」とした。

  • 202102campaign

  • ZEIKEN LINKS210224

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン