金融庁 IFRS移行企業の継続的な差異開示を廃止へ

金融庁は12月12日、「企業内容等の開示に関する内閣府令」の改正案を公表した。企業会計審議会における議論等を踏まえ、IFRS任意適用の拡大促進の観点から、日本基準からIFRSに移行した企業の開示負担の軽減等を図るため、継続的な差異開示を廃止する。2020年1月14日まで意見募集を行う。適用は、同年3月31日以後終了事業年度からの予定。

  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 国際税務リニューアル

  • 知ってる?消費税

  • 高山先生

  • ふるさと納税

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン