ASBJ 「工事契約会計基準」を近く公表

 企業会計基準委員会(ASBJ、西川郁生委員長)は近く「工事契約に関する会計基準」および同適用指針を正式公表する。工事契約に係る工事収益および工事原価に関し、施工者における会計処理と開示を明らかにしたもの。工事契約に収益認識について、これまで認められていた工事進行基準と工事完成基準の選択適用を廃止し、それぞれを適用すべきケースを明示している。平成21年4月1日以後開始する事業年度に着手する工事契約から適用される。なお、同基準公表日以後、開始する事業年度から適用することも可能だ。
  • ZeikenBridge

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン