ASBJ 実務対応報告18号の修正項目追加を検討

企業会計基準委員会(ASBJ)は12月13日、第112回実務対応専門委員会を開催した。実務対応報告第18号「連結財務諸表作成における在外子会社等の会計処理に関する当面の取扱い」の改正議論を始める。18号によると、「在外子会社の財務諸表がIFRSまたは米国会計基準に準拠して作成されている」等の場合、それらを連結決算手続上利用することが可能。ただし、「のれんの償却」等の4項目に限っては、子会社の会計処理を修正する必要がある。現行の4項目に、「資本性金融商品へのOCIオプションに関するノンリサイクリング処理」等を追加するか否か、検討が行われた。