2月2日(金)平成30年度の税制改正法案が国会へ提出、今後のスケジュールは?「税制改正大綱」と「改正法案」とを踏まえた税制改正セミナーを開催します。

2月2日、平成30年度の税制改正関連法案のうち、国税関係の「所得税法等の一部を改正する法律案」と「国際観光旅客税法案」が閣議決定を経て国会へ提出されました。地方税法等改正案についても近く国会へ提出されます。
国税関係の改正を行う「所得税法等の一部改正案」は、所得税法をはじめ、法人税法、消費税法、相続税法、租税特別措置法など22本の税法の改正案で構成される束ね法案です。
近日中に、衆議院で提案理由の説明などが行われ、2月中旬ぐらいから、衆議院財務金融委員会において実質的な審議が始まります。

昨年12月に決定された税制改正大綱は、今後、行うとする税制改正の「概要」を示していますが、国会へ提出される「税制改正法案」では、現行の条文がどう改正されるか、新しい制度でどんな条文が新設されるなどがわかります。
ただ、「政令で定める」部分も数多くありますので、改正後の制度の詳細が明確になるのは、3月末に公布される改正政省令の段階になってからとなります。

税務研究会では、「税制改正大綱」と「税制改正法案」とを踏まえ、改正の内容と実務への影響、対応のポイントをわかりやすく解説するセミナーを開催します。
講師は、税制改正をいち早く解説する「速報版 図解税制改正マップ」の執筆者でセミナーでもご好評をいただいている「あいわ税理士法人」の佐々木みちよ先生です。

『図解でわかる!平成30年度税制改正のポイント』
講師 税理士 佐々木みちよ氏


【広島】2月15日(木)10:00~13:00 メルパルク広島
【東京】2月20日(火)13:30~16:30 鉄鋼ビルディングカンファレンスルーム
【大阪】3月9日(金)10:00~13:00 OMMビル
【仙台】3月19日(月)13:30~16:30 ハーネル仙台
【大宮】3月26日(月)13:30~16:30 ソニックシティビル
【横浜】4月10日(火)13:30~16:30 神奈川産業振興センター