【声でとどける税務通信】税務マネジメントLab[EP6]の配信がスタート『条文を理解する能力と関連部門から協力を得る能力』


【シリーズ概要】
『税務マネジメントLab』は、渡會直也氏(日東電工株式会社 経理財務本部 フェロー グローバル税務マネジメント担当)をメインパーソナリティーに迎え、事業会社の税務マネジメントをテーマに様々な税務専門家と対談をする企画です。

渡會氏の30年に及ぶ税務一筋の人生を、その時々のミッションと取り巻く課税環境とリンクさせながら綴った自叙伝『【実録】経理マン・ヒストリー ゼロからの税務マネジメントの構築~大好きな税務と歩んだ職歴30年の軌跡~』を対談のベースとしています。

税務30年史は、会員制度「企業懇話会」で閲覧できますので、Podcastと併せてお楽しみください。未会員の方は、下記「資料請求ページ」からお問合せください。

今回の配信内容
EP6:『条文を理解する能力と関連部門から協力を得る能力』
・税務申告に取り組む初期段階の悩み
  1,税法の内容が分からない
  2,会社の取引内容がわからない
・税法を理解するには条文を読むべきか、解説書を読むべきか

対談ゲスト
能勢英雄 氏(株式会社クボタ 企画本部 税務部 チーフスペシャリスト)
社名     :株式会社クボタ(KUBOTA Corporation)
URL     :https://www.kubota.co.jp/
本社所在地  :大阪市浪速区敷津東一丁目2番47号
事業領域   :農業ソリューション、水環境ソリューション、環境ソリューション
グループ会社数:198社(2021年12月31日時点)
グローバル展開:120ヵ国以上
売上高(連結):2兆1,968億円(2021年12月31日時点)

対談内容、パーソナリティーへのご質問はこちらからお寄せください。
会員制度「企業懇話会」の資料請求ページはこちらからお申込みください。


Apple PodcastSpotifyAmazon MusicGoogle PodcastsなどのPodcastアプリで番組登録をしておくと、最新エピソードの配信時に通知が届きますので、習慣化にお役立ていただけます。
ぜひ、隙間時間をご活用ください。

「声でとどける税務通信」へのご感想は、
Twitterにて#声でとどける税務通信を付けてツイート
もしくは
こちらのフォーム からお寄せください

  • intec240614

  • えほん240819

  • PRESSLINKS230921

  • 通信DB インボイス制度関連記事特集

  • 官公庁公表資料リンク集

  • 税務通信テキスト講座

  • 図解でわかる!インボイス制度(11/30まで掲載)

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン