国際税務データベース 月間ページビューランキング【2022年7月1日~7月31日】

月刊「国際税務」をご覧の皆さまは、「国際税務データベース」でデジタル版をご覧いただけます。
<国際税務データベースをご利用いただける方>
 ・国際税務研究会 P会員、R会員、読者会員
 ・税務研究会 S会員、G会員
※国際税務研究会のP会員・R会員の方は、「国際税務データベース」で国際税務関係のすべてのWebセミナーをいつでも視聴することができます。

詳しくはこちら


2022年7月の月間ページビューランキング

各記事の内容の一部はこちら(「税務・会計の記事を読む」税務・会計の最新情報を得る➡月刊国際税務)からご覧いただけます。

1位〈7月号〉BEPS 2.0の実施により日本企業が直面する新たな世界

2位〈7月号〉domestic news 国税庁「金融取引」「費用分担契約」に係る移転価格事務運営要領(事務運営指針)を改正

3位〈7月号〉令和4年度税制改正による「子会社株式簿価減額特例」の概要と実務対応のポイント

4位〈7月号〉3月に公表された「第2の柱 グローバル・ミニマム課税」コメンタリーの重要ポイント(下)

5位〈7月号〉移転価格税制についての素朴な疑問⑨ TNMMはどのように適用されているか(1)

6位〈6月号〉3月に公表された「第2の柱 グローバル・ミニマム課税」コメンタリーの重要ポイント(上)

7位〈7月号〉TP Controversy Report〈59〉為替レート変動と移転価格

8位〈7月号〉domestic news 租税条約を巡る動向(2022年5月20日~6月19日)

9位〈7月号〉クロスボーダー事業再編に係る移転価格(第3回)研究開発活動の再配置と移転価格

10位〈7月号〉ユニバーサルミュージック事件 最高裁判決の分析と検討

➡判決の概要は、週刊「税務通信」3702号(2022年5月9日)のニュースでお伝えしています。本誌では、地裁判決・高裁判決に引き続き、太田洋弁護士、増田貴都弁護士による判決評釈をお届けします。
 この事件については、法人税法132条⦅同族会社等の行為又は計算の否認⦆の「法人税の負担を不当に減少させる結果となると認められる」とする規定について、最高裁判所が、初めて実質的な判断を下したといえるのではないか、といわれています。

11位〈7月号〉国際税務の英単語 Constituent Entity(CE)/構成事業体

12位〈7月号〉チャレンジ!移転価格税制 [第73回]無形資産譲渡・組織再編に使用されるDCF法を覗いてみよう②

13位〈7月号〉税務部・経理部も知っておくべき 関税・特恵税率活用の基本 第4回「特恵税率活用に必要な原産地規則の考え方」について

14位〈DB限定Webセミナー〉『国際課税の動向と執行の現状について』

➡東京国税局調査第一部の山本国際監理官に、東京国税局の国際課税への取組みや税務コンプライアンス向上施策、事前確認などについて講演していただきました(2022年5月)。9月号では誌上セミナー版をお届けします。

15位〈7月号〉実例で学ぶ 海外出向者にまつわる税務・給与・社会保険 第143回 新型コロナウイルスやロシア・ウクライナ問題に伴う一時帰国者の源泉徴収漏れ

16位〈7月号〉Worldwide Tax Summary 第1の柱(利益A)税の安定性に関するパブリックコンサルテーション文書を公表(OECD)

17位〈7月号〉タックス・ヘイブンの濫用防止に向けた米国の動き

18位〈7月号〉Worldwide Tax Summary 欧州委員会、負債と資本のバイアス削減に係る控除(「DEBRA」)の実施案を公表(EU)

19位〈7月号〉NEWケース・スタディ 海外移住者の国外転出時課税について

20位〈7月号〉Worldwide Tax Summary 第2の柱のミニマム税実施に係るコンサルテーション(アイルランド)

国際税務データベースは、「月刊 国際税務」をご購読の皆さまへ提供しているインターネット版です。本誌のバックナンバーと(※1)、編集部制作のWebセミナー、会員限定の海外税務情報(※2)、法令通達集などを登載しています。

※1 2013年1月号から最新号は全文検索等をご利用いただけます。創刊号1981年5月号から2012年12月号までは、目次を検索し本誌はPDFでご覧いただけます(2012年以前のバックナンバーはP会員・R会員限定です)。
※2 P会員・R会員限定の海外税務情報(ライブラリ等)では、BEPS行動計画や海外優遇税制の一覧(毎年更新)、各国税制・税務に関するレポート、会員限定Webセミナーなどをご覧いただけます。

国際税務データベースの利用方法について

国際税務データベースをご利用の際には、税務研究会ホームページ右上の「税研ウェブサービス・各種会員サイト」から「税研ウェブサービス➡国際税務データベース」にてログインしてください(これまでの国際税務研究会サイト〈kokusaizeimu.com〉は2021年11月1日に税研ホームページ〈国際税務 Online News〉へ引っ越しました)。


会員制度 国際税務研究会 P会員・R会員の皆さま
今回ご紹介した記事・Webセミナーは、国際税務データベースにて無料で閲覧いただけます。
ログインはこちら

会員制度 国際税務研究会 読者会員の皆さま
今回ご紹介した記事・一部のWebセミナーは、国際税務データベースにて無料で閲覧いただけます。
ログインはこちら

全てのWebセミナーをご視聴になりたい場合は、会員制度 国際税務研究会 P会員・R会員のご契約が必要です。
会員制度 国際税務研究会 P会員・R会員についてはこちら↓
税研ホームページ:会員制度 国際税務研究会

未契約の皆さま
会員制度 国際税務研究会についてはこちら↓
税研ホームページ:会員制度 国際税務研究会

今回ご紹介の記事・Webセミナーをご視聴したい方は、こちらのページにて所定の事項をご入力ください。国際税務データベースの試用IDをお送りいたします。

  • ZEIKENLINKS220802

  • タイアップセミナー

  • 企業懇話会 リニューアル

  • 税務通信テキスト講座

  • 図解でわかる!インボイス制度

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン