月刊税務QA-2018年8月号 トピックス

〔最新号の特集〕
平成30年度 税制改正の実務ポイント ~第1回:法人税関係~
あがたグローバル税理士法人 税理士・米国公認会計士 多賀谷 博康/税理士 田中 幹夫/税理士 小山 勝/税理士 宮下 知昭

〔最新号の連載〕
好評連載中!
■税金裁判の動向【今月のポイント】
第186回 住宅用地に対する固定資産税の課税標準の特例
■企業実務Q&A
第101回 税務調査で否認された貸倒損失の処理-2
■国税通則法の基本
第49回 税務争訟に係る手続(10)
■「終活」を考える
第9回 散骨の是非


〔最新号のSelection Q&A〕
第一線の執筆陣が、実務上重要で汎用性の高い事例を取り上げます。
CASE1 ポイントの付与取引に対する消費税の取扱い
CASE2 グループ内法人(親会社・子会社・孫会社)における賃上げ・投資促進税制の適用
CASE3 特殊な圧縮記帳の落とし穴

〔最新号のFAQ〕
実務上、すぐに役立つ税制上の知識や取扱い方について、税目別にワンポイント解説します。
【法人税】法人税重要事例検討:資産編-3
【地方税】法人住民税-4
ほか


月刊税務QA画像


月刊『税務QA』の資料請求はこちらから