【2020年9月刊行】会計事務所の事業承継・M&Aの実務 など3点

2020年9月に刊行された書籍を紹介いたします。
読書の秋ということで、気になりましたら是非お手元に1冊いかがでしょうか。

後継者問題でお悩みの会計事務所の所長なら読んでおきたい!
会計事務所の事業承継・M&Aの実務
近年、会計事務所においても所長の高齢化が問題となっており、事業承継が注目されています。しかし、後継者に経営者としての資質があったとしても、税理士資格を保有していなければ、会計事務所を事業承継することはできません。そのため、最近ではM&Aをするケースが非常に増えてきています。
本書は、会計事務所の事業承継とM&Aにおいて押さえておくべき手続きと留意点、M&Aの実務、M&Aを活かすための仕組みづくりなどについて解説しています。

辻・本郷税理士法人 辻・本郷ビジネスコンサルティング株式会社 編著・黒仁田健 土橋道章 共著/A5判 156頁/1,980円(税込)
詳細・ご購入は税研オンラインストアから

耐用年数適用に必要な資料・解説をコンパクトに収録!
令和2年改訂新版 減価償却資産の耐用年数表
簡潔な「解説」を設けて、税法上の減価償却についての基本的知識が身に付けられるよう構成しています。
耐用年数の適用に際し必要な「耐用年数の適用等に関する取扱通達」(「耐用年数通達」)を全文収録しています(平成29年6月30日課法2-17他までの改正内容を収録)。
実際に耐用年数を調べるときに便利なように、「耐用年数表」と「耐用年数通達」はそれぞれ別々に収録するのではなく、関連するものを組み合わせて収録してあります。
巻末に「項目別目次」を設けて、実務の便を図っています。

税務研究会 編/A5判 384頁/2,420円(税込)
詳細・ご購入は税研オンラインストアから

基本的な仕組みから様式の記載方法まで、わかりやすく解説!
第2版 実務担当者・社員のための 給与と源泉徴収
一般的な事業を行う会社と社員の源泉徴収に関わる基本的な事項について、はじめて源泉所得税の実務を担当する方にも理解しやすいよう、①基本的な仕組みを説明した上で、②個別事例をQ&A方式で、③図表や各種様式の記載例などを多く取り入れて、わかりやすく解説しています。
今版では、令和2年分より適用される給与所得の源泉徴収に関する改正を織り込み、変更された基礎控除申告書等の様式の記載例・記載方法を収録しています。
源泉徴収の実務担当者や会社の社員の方に、また社員教育用テキストとして、おすすめの一冊です。

杉山茂 上野登 共著/A5判 216頁/2,200円(税込)
詳細・ご購入は税研オンラインストアから

  • 企懇部会

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン