社員の入社から退職まで、出産・育児・介護・病気・ケガなどの場面ごとに必要となる手続きを網羅的に解説

社会保険の実務はカバーすべき範囲が広く制度改正も頻繁に行われるため、最新情報のチェックが欠かせません。実務セミナーによる定期的な情報収集が早道です。
税務研究会・丸の内税研アカデミーでは、社員が入社して退社するまでに関わることになる社会保険と労働保険の事務手続きを解説するセミナー「ケース別に学ぶ社会保険の手続き」を開催します。
講師の執筆による最新刊「社会保険・労働保険インデックス」(発行:2018年11月20日)をサブテキストとして配布いたします。

『ケース別に学ぶ社会保険の手続き』
講師:社会保険労務士 吉川直子 氏
日時:11月28日(水)10:00~17:00(質疑応答を含みます)
会場:東京大手町 鉄鋼カンファレンスルーム
(千代田区丸の内1-8-2 鉄鋼ビル南館/JR東京駅八重洲北口3分)
受講料:会員29,000円、読者34,000円、一般39,000円
(テキスト、昼食代、消費税等を含みます)

主な内容
1 社会保険担当者の心構え
2 社会保険・労働保険のしくみ
3 保険料に関する手続き
4 入社した時の手続き
5 変更があった時の手続き
6 ケガや病気の際の手続き(仕事外・通勤途上以外)
7 ケガや病気になった際の手続き(仕事上・通勤途上)
8 出産・育児・介護休業の手続き
9 退職したときの手続き
10 高齢になったときの手続き

それぞれの詳細、講師紹介などは丸の内税研アカデミー:『ケース別に学ぶ社会保険の手続き』をご覧ください。