第1の柱に係る最新動向/利益B【月刊「国際税務」5月号の読みどころ】

月刊「国際税務」5月号の読みどころ

(月刊「国際税務」掲載記事の一覧はこちら)

NEWS! 国税庁 グローバルミニマム課税の取り扱いに関する趣旨説明を公表

 国税庁から4月26日、「法人税基本通達の一部改正について(法令解釈通達)」(令和5年9月21日付課法2-17ほか2課共同)の趣旨説明が公表されました。
 令和5年度税制改正では、デジタル経済課税のピラー2の柱となる「グローバルミニマム課税」が導入されました。これを受けて同庁では、昨年9月21日に上記通達を発遣しましたが、今回はその趣旨説明となります。
国税庁の公表はこちら

デジタル経済課税/第1の柱に係る最新動向

 第1の柱のうち利益Bは、キャパシティの低い国のニーズに焦点を当てつつ、「基礎的マーケティング・販売活動」について、移転価格税制の独立企業原則の簡素化・合理化を目的とした制度です。
 利益Bは国による選択制であり、導入した国は、令和7年1月以降に開始する事業年度における自国内の適用対象取引に対して、利益Bの適用が可能とされています。
 仮に相手国が利益Bを導入した場合、対象取引となる基準に売上高や利益率の制限がないため、幅広い企業が対象となりえます。今後どれくらいの国・地域が適用するのか注目されます。
2月19日にOECDから「利益B(Amount B)」 に関する報告書が公表されています。

最近の相互協議の状況について

 国税庁相互協議室の比田勝隆博室長に、米国、中国、韓国、インド、インドネシア、タイ、ドイツ、英国、豪州、台湾、ベトナムとの最近の協議状況について解説いただきました。例えばインドとの間では、インド側でAPAの審査に時間を要しており、日印両当局による協議開始が申出の2、3年以上先になる事案が多いこと、また、これに伴いインド側の準備が整い、協議が行われる見込みとなるまで日本側の審査を保留する運用が行われていること、などが留意点として挙げられています。

Webセミナー全会員に公開中!参加者からの質問にもご回答いただいています。
国際税務データベースにログイン後 → Liveセミナー・PSMオンライン → 特別セミナー → 国税庁相互協議室長による特別セミナー

日ロ租税条約の一部条項の停止と外国税額控除の取扱い

 昨年8月に「ロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻で対ロ制裁を科している日本や米国、欧州諸国との間の租税条約の一部条項を停止するための大統領令に署名した」旨の報道がありました。ロシアにおいて租税条約に定める限度税率を超えて課税が行われた場合、その税額について、日本での外国税額控除の適用は認められるのか気になるところです。この点、現状、日本では、日ロ租税条約は終了しておらず"有効"との立場であると考えられます。そのため限度税率を超える部分については、控除対象とならない外国法人税の額に該当し(法令142の2⑧)、日本での外国税額控除の適用はないものと考えられます。

このほか5月号では次のような記事を掲載しています
・最終回  移転価格税制についての素朴な疑問
 ➡国際税務データベース内で読者の声「『移転価格税制についての素朴な疑問』の1ファンの感想」を掲載中!
・近年における国際取引等に係る情報交換制度の進展
・米国における移転価格環境の変化と対応策
・一目でわかる中国・国際税務教室
 ~3月末帰任、3ヶ月超出張、累計183日、どうする?中国個人所得税

本誌記事の一部を公開中(2024年5月号)

セミナー開催のお知らせ

『国際課税の動向と執行の現状』
講師 東京国税局 調査第一部 国際監理官 水上勝弘 氏
日時 2024年5月30日(木) 15:00~16:30(Live配信・無料)
詳しくはこちらへ

国際税務データベースとは

国際税務データベースは、「月刊 国際税務」をご購読の皆さまへ提供しているインターネット版です。本誌のバックナンバー(※1)と法令通達集、国際税務研究会P会員・R会員用のWebセミナー(編集部制作)、海外税務情報(※2)などを登載しています。
※1 税務研究会S会員・G会員の方もご利用いただけます。
2013年1月号から最新号は全文検索をご利用いただけます。
国際税務研究会P会員・R会員の方は、創刊号1981年5月号から2012年12月号のPDFをご覧いただけます。
※2 海外税務情報(ライブラリ等)では、BEPS行動計画や海外優遇税制の一覧(毎年更新)、各国税制・税務に関するレポートなどをご覧いただけます。

国際税務データベースの利用方法について

国際税務データベースをご利用の際には、税務研究会ホームページ右上の「税研ウェブサービス・各種会員サイト」から「税研ウェブサービス」を選択してください。
ログイン方法、ID/PWなどが不明の場合は、お問い合わせください。


会員制度 国際税務研究会 P会員・R会員・読者会員の皆さま
今回ご紹介した記事は、国際税務データベースにてご覧いただけます。
ログインはこちら

会員制度 国際税務研究会 未契約の皆さま
会員制度 国際税務研究会 P会員・R会員・読者会員についてはこちら↓
税研ホームページ:会員制度 国際税務研究会

今回ご紹介の記事を閲覧したい方は、こちらのページにて所定の事項をご入力ください。国際税務データベースの試用IDをお送りいたします。

  • ZS240619

  • PRESSLINKS230921

  • 通信DB インボイス制度関連記事特集

  • 官公庁公表資料リンク集

  • 税務通信テキスト講座

  • 図解でわかる!インボイス制度(11/30まで掲載)

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • まんが

  • ついった

  • メールマガジン