軽減税率の実施・インボイス制度の導入...消費税率引上げ対策セミナー開催中です。

現在、国税局担当官による「消費税軽減税率制度説明会」を全国で順次、開催しています。(詳しくはこちら
開催済み地区での説明会では、2019年10月1日から実施される軽減税率制度と区分記載請求書等保存方式だけでなく、適格請求書等保存方式などについても取り上げられました。
2023年から実施される「適格請求書等保存方式」、いわゆる日本型インボイス制度などについての関心も徐々に高くなってきているようです。

税務研究会では、消費税率引上げ・軽減税率の実施やインボイス制度の導入に向け、実務担当者の皆さまのお役にたてるよう各種セミナーを開催しています。ぜひ、ご参加ください。

7月末までに開催を予定しているセミナーの一部をご案内します(※は夜間講座です)。
〈東京〉6/19(火)~8/7(火)『初心者のための消費税連続講座※』佐々木みちよ
〈仙台〉6/19(火)『消費税入門の入門』藤澤紳二郎
〈東京〉6/21(木)『最新の消費税実務講座』小池敏範
〈大阪〉7/4(水)『軽減税率&日本型インボイス制度への対応』熊王征秀
〈横浜〉7/19(木)『経理初心者のための消費税「区分経理」の実務』小島孝子
〈広島〉7/26(木)『会社に必要な消費税の基礎知識』石井幸子
〈岡山〉7/27(金)『会社に必要な消費税の基礎知識』石井幸子
〈福岡〉7/31(火)『軽減税率&日本型インボイス制度への対応』熊王征秀

5月28日に開催した熊王氏のセミナー『軽減税率&日本型インボイス制度への対応』の受講者にお聞きしたところ、税率引上げや軽減税率、インボイス制度などについては、
「標準税率と軽減税率の区分」「経理処理や各種システムの見直し」「請求書などの様式の見直し」「社内体制の整備や取引先への説明」などのほか、「適格請求書発行事業者の登録」や「免税事業者との取引」などについて、多くの疑問があることがわかりました。
税務研究会では、週刊税務通信や実務解説書、各種セミナーなどで今後も実務担当者の皆さまのお役にたつ情報を提供してまいります。