国際税務ニュース記事一覧

インド日本商工会が日系現地企業の賃金実態調査を公表

インド日本商工会(JCCII)は、先にジェトロ(日本貿易振興機構)と共同で取りまとめた「第12回賃金実態調査」を発表しました。

これはインド各地の日本商工会、日本人会に所属する日系企業を対象に、そこで働くインド人従業員の賃金や労務に関する内容を聞くもので、それによると、今回の調査対象年である2017年の平均昇給率は、「スタッフ(事務・営業職)」が10.4%、「ワーカー(生産従事者)」が12.1%となり、2016年実績の10.1%、11.4%からやや上昇しました。

2018年の見込みは、10.2%、10.8%で昇給率はやや落ち着くものとみられています。

※ジェトロ「日系企業の賃金実態調査、2017年は昇給率が前年より上昇(インド)

提供元:kokusaizeimu.com