会計ニュース記事一覧

欧州で始まる監査事務所の強制交代制 日本企業への影響は?

 企業で会計問題が生じるたびに検討と先送りを繰り返してきたのが「監査事務所のローテーション制度(交代制)」の導入だ。これは、従来の監査責任者の定期的な交代ではなく、事務所(監査法人)そのものの交代を意味するため、実現すると企業や監査人への影響は大きい。昨年4月、欧州がその制度化に踏み切った。適用は2016年6月からであり、この1年は欧州域内の国々が実施に向けて詳細を調整する期間になる。一方、米国ではローテーション制を導入しない。それぞれ現状を確認しておきたい。