会計ニュース記事一覧

不正リスク対応基準 公開草案年内公表

 金融庁は12月11日、企業会計審議会・第32回監査部会を開催、「監査における不正リスク対応基準(仮称)の設定及び監査基準の改訂について」(公開草案)の公表を決定した。12月中にも公表される。公開草案では、不正による重要な虚偽表示のリスクがある場合の監査手続などを規定。ただし、不正リスクがない場合の監査には影響は及ばない。コメント募集期間を経て、来年3月頃にも新基準として公表される見通しだ。適用は平成26年3月期決算に係る財務諸表監査から。