会計ニュース記事一覧

「見積りの変更」開示事例 ~その2~

 本誌No.3031でお伝えした「見積りの変更」事例。「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」(企業会計基準第24号)により新たに設けられた注記項目のひとつとして注目されている。平成24年3月期第2四半期においても、新たな事例がみられたため、本誌では開示事例を紹介する(24年3月期第2四半期報告書より)。当該第2四半期では、事業年度の途中ということもあり、第1四半期にみられた耐用年数を変更した事例は少ない。主に資産除去債務や引当金に関する変更が目立った。