会計ニュース記事一覧

21年3月期からGC注記の規定を弾力化

 平成21年3月期決算から「継続企業の前提に関する注記」(GC注記)の規定が変わる。金融庁・企業会計審議会は3月24日に第19回監査部会を開催、GC注記に係る監査基準の改訂をはじめ、“開示基準”である財務諸表等規則や開示府令の改正を明らかにした。現行規定の弾力化で、予想される3月決算でのGC注記の急増を抑え、信用不安の拡大を回避する。当局は監査基準・関係府令等の改正案を公表、意見募集の後、本年3月期から実施する方針だ。