会計ニュース記事一覧

退職給付会計基準を改正

 企業会計基準委員会は5月10日に開催した第243回委員会において、改正企業会計基準「退職給付に関する会計基準」および改正企業会計基準適用指針「退職給付に関する会計基準の適用指針」の公表を議決した。近く正式公表する(次号詳報)。未認識項目の負債計上については、当面の間、連結のみとする方針を受け、公開草案(平成22年3月18日公表)から関連規定の修正が行われている。改正基準は、改正項目毎に段階的に適用される。最も早いのは、未認識項目の負債計上で、平成26年3月期の年度末に係る連結財務諸表から。