会計ニュース記事一覧

「特設注意市場銘柄」指定後の動向

上場会社に重大な上場規則違反等が認められた場合、当該銘柄は東京証券取引所により特設注意市場銘柄(特注)に指定される。同制度は当該上場会社に内部管理体制等の改善を促すことを趣旨としており、1年後の審査で改善が認められた場合は特注を解除され、そうでなければ6カ月指定を延長して再審査、もしくは上場廃止となる。本号では、過去5年で特注に指定された13社の動向を調査した。