国内税務ニュース記事一覧

条約相手先である新興国等の現地法令で課税された場合の処理方法は?

日本では、租税条約について国内法の規定と異なる定めがある場合、その租税条約の適用を受ける内国法人・外国法人の国外源泉所得・国内源泉所得は、その租税条約に定めるところによることとされている(法法69⑥,139等)。ただ、日本と租税条約等を締結している相手国、とりわけアジア新興国の中には、租税条約に基づき免除となるべき所得について、現地国の法令によって、課税することがあるという。日本企業が租税条約等により、本来免除されるべき所得に対して課税された場合の処理方法を確認した。

  • ハイパーギア様 200916

  • ハイパーギア様 200916

  • TKC様 200803

  • TKC様 200803

  • 奥村印刷様

  • 株式会社ハンド様

  • 株式会社ハンド様

  • タビスランド

2020年09月26日

税別で
小遣いねだり
妻却下

奈良県 法螺吹き 様

  • 税研川柳

  • ZEIKEN LINKS200731

  • 税務通信電子版(アプリ)

  • 経営財務電子版(アプリ)

  • 高山先生

  • 経過クイズ

  • まんが

  • ついった

  • ついった(出版)

  • メールマガジン